本文へスキップ

農事組合法人 桃山町植木組合は、日本有数の植木産地和歌山県から全国へ植木・苗を供給しています。

組合方針CONCEPT

組合方針

● 経 営 理 念 ●
1、植木生産を農業と捉え、後継者が育ち、事業が継続する組織を目指します
2、日本の緑化に貢献します
3、地域社会に貢献します


● 姿 勢 ●
1、誠意ある対応をいたします
2、魅力ある商品づくりに努めます
3、活力ある人材、組織づくりに努めます

組合長理事メッセージ

昭和47年2月、桃山町植木園芸生産組合として発足して依頼、全国に緑を供給し、緑化樹の生産を農業として取り組み、桃山町の基幹産業として成長してまいりました。
近年の環境問題に対して、積極的に取り組み、個人庭から都市緑化、庭先から山の頂上まで、日本の自然環境を考えた緑を提案し、私たちは、皆様と豊かな緑を次の世代へ残していくお手伝いを続けていきます。

組合長理事 小坂 和也

沿革

昭和47年
桃山町植木園芸生産組合 発足
昭和49年
集出荷場施設 建設
昭和62年
農事組合法人 桃山町植木組合 発足
昭和63年
集出荷場・事務所 新設 (桃山町市場)
平成9年
事務所の改築
平成10年
用土供給施設 建設
平成20年
資材倉庫・宅配施設 建設